-プロの現場から-ピーズガードはプロの現場での使用実績も豊富です。ホテルやレストラン、医療施設など様々なプロの現場で使用され、その総数は2000ヶ所を超えます。

プロの現場から
ピーズガードはプロの現場での使用実績も豊富です。ホテルやレストラン、医療施設など
様々なプロの現場で使用され、その総数は2000ヶ所を超えます。

レストランでのご使用 ロアラブッシュ 様

  • ご利用期間:3ヶ月
  • ご利用製品:P’s GUARD 300

葉巻の匂いを素早く消したいというのが導入のきっかけでした。

東京都渋谷区、青山にひっそりと佇む歴史ある西洋館。日本では数少ないアール・デコ様式を採用した建築で、現在は会員専用のメンバーズラウンジ「ロアラブッシュ」として営業しています。そのロアラブッシュでホールマネージャーを務める金崎様に「ピーズガード」導入のお話をお伺いしました。

導入のきっかけを教えて下さい

葉巻の匂いをできるだけ早く消したいというのが導入のきっかけでした。葉巻を吸う人が非常に多く、土日に結婚式を行っている関係で匂いを消したいというニーズがありました。というか必須でした。タバコと比べて葉巻の匂いが非常に強く残るため、葉巻を仕入れているあるタバコメーカーに匂いが消えるものを探してもらうようリクエストしていました。最初はオゾン発生装置なども検討しましたが、実際には家具が傷むということも聞いていたため、それは難しいねということで、あきらめました。その他オゾン以外にも消臭スプレーと呼ばれるものは結構色々と試しましたが根本的には消えずに、他の匂いで打ち消しているという感じで効果を感じませんでした。葉巻を導入した時点から、長い期間探しておりました。結婚式は1日2組限定。待合席として個室もラウンジも使用するため思い出に残る結婚式の演出のためにも、消臭が非常に重要でした。

ピーズガードを導入した理由は?

ノロウイルスに効くというのも聞いており、厨房側でのリクエストもあり除菌と消臭の合わせ技として魅力を感じて導入しました。なおかつ匂いが少なく、マスキング(匂いによる匂い消し)でないというのも魅力的で導入の非常に重要なポイントでした。

実際に使った感想をお聞かせください

葉巻は匂いがきつすぎるので、極端に消すということではありませんでしたが、一定の効果も感じ、長い目で見たらとても良いものであると感じました。個室、ラウンジ等では除菌消臭器(PG−E600)を使用し、空間噴霧をしていました。自動噴霧をしていたので気にならない存在でそれは他にはないものだったので良かった。厨房でもスプレータイプを使っておりました。

厨房の責任者の方のご感想は?

口にしても大丈夫だということはポイントでした(食品添加物認証)またノロウイルス対策は大きかったです。アルコールは兼用していますが、アルコールはノロウイルスに効かなかったので良かった。その他のノロウイルス対策は手洗い、うがい以外には対策がなかったので、非常に助かりました。

プロの方から見た、一般家庭でこのピーズガードを使用するにあっての、お勧めするメリットは何だと思われますが?

口に入れて大丈夫というのが一番大きいですね。まな板や包丁にも噴霧して除菌できますし、ご家庭でもそういう使い方はあるのではないでしょうか。また厨房では夜作業が終わった後に例えば冷蔵庫の扉、水道の蛇口などにも噴霧して除菌しておりますので、ご家庭で言えばドアノブや台所などダイニングテーブルなどとにかく除菌するべき場所はたくさんあるので、そこにシュシュすると安心ですよね。アルコールなどは匂いが強いのがきついし、この手の次亜塩素酸系は塩素の匂いが強いのがピーズガードではこの匂いが解消されているのが良いと思います。

Information

ロアラブッシュ

公式HP:http://www.1999group.com/

青山学院の裏手に、戦火や大震災を乗り越えて現存するアール・デコ様式の貴重な建物があります。もとは、煙草商で財を成した資産家・千葉直五郎氏の御子息・千葉常五郎氏と鍋島家令嬢・京子女史の結婚を祝して建てられた住居用邸宅。1981年会員制クラブとして創業。現在、1階はレストラン「ロアラブッシュ」、地下1階は「ジャルダンデルテ」、2階は会員制メンバーズフロアとなっており、フレンチとワインで特別な空間を演出します。

人にも環境にも優しい除菌・消臭剤「ピーズガード」のご購入はこちら

Amazonのストアへ行く